日吉町宮前自治会

恵比寿会

今年度は任期3年目の最終年となり、活動の総大盛となります。年間を通しての子育て支援、青少年支援と高齢者支援と多岐に渡り動くつもりです。そして11月には改選を迎えますのでご協力をお願い致します。誕生会お楽しみ月のときにカラオケをやっていますので、歌の好きな方は見学に来て下さい(未入会の方)。

日吉宮前消防団

消防団は普段は本業の仕事を持ちながら、火災発生時における消火活動、大規模災害発生時における救助活動などを行う市町村の消防機関の一つです。また平常時においても訓練の他、広報活動や地域における消防力、消防力の向上において重要な役割を担っています。(班長 川尻鉄也)

日吉宮前婦人会

婦人会は自治会の傘下にあり、各種団体の方々地域の皆様方の御協力を頂いて活動しています。 夏の盆踊り大会、秋の熊野神社の祭礼には売店を出店させて頂き、皆様方との親睦交流を深めていきたいと思います。 そして、文化活動として書道教室、華道教室、太極拳教室、歩こう会、カラオケの五教室を設けています。会員の方々もそれぞれの教室で楽しみながら一生懸命頑張っている様です。 年一回新年会の時には、作品の展示、発表等を行っていますが、日頃の努力の成果が報われ好評を頂いています。 地域活動や文化活動を通して、知識の向上、人と人の対話の向上をめざしています。 自治会に加入している方なら、随時入会出来ますのでよろしくお願い致します。

子ども会育成会

子育て中のお母さん、お父さん。小さい頃「子ども会」に入っていませんでしたか?昔の思い出しながら、お子さんと一緒に楽しい思い出を作りませんか? 日吉宮前子ども会は、宮前自治会に加入している主に小学生親子を中心に地域の行事やレクリエーションを企画して活動しています! 春にはバス旅行、夏には盆踊り大会、秋には熊野神社祭礼、冬にはおもちつきや夜警等の行事を行っています。5、6年生になると行事の企画や運営も子どもたちが積極的に担っています。 学年をこえた地域の子どもたちの交流はもちろん、大人も一緒に親子の交流の場になっています。皆さんのご入会をお待ちしています。

家庭防災員

自ら家庭を自らで守るだけでなく、地域防災の担い手をして活躍できる様にする。研修会などに参加する。

民生委員児童委員・主任児童委員

『あなたの身近な相談相手』 民生委員児童委員・主任児童委員は相談内容に応じて適切な関係機関による支援への《つなぎ役》になります。また、高齢者の皆さんや子育て中の親子さんとのさまざまなふれあい事業を通して、地域が皆んなで笑顔になれる応援活動をしています。

熊野神社(崇敬会)

祭礼は四季を通して5回あります。秋祭りと初詣には地域の多くの方々が訪れております。御参りは自由ですので来てください。親しんでいただけれる場所となればと思っております。

スポーツ推進委員

スポーツ推進委員は横浜市長から委嘱される非常勤職員で、宮前自治会からは現在2名が推選されています。スポーツ・レクリエーションに親しむことを目指し、その普及や発展を図っている組織です。港北駅伝大会・グラウンドゴルフ大会・日吉地区健民際のような当該地区での地域開催行事から、横浜マラソンや横浜トライアスロンのような大きなイベントへの協力まで幅広い活動を行ってます。

青少年指導員

日吉町宮前地区から青少年指導員として日吉の子供たちの健全育成につながる活動を行っています。2016年、多くの子供たちの楽しい体験のひとコマに!なればと考えています。

環境事業推進委員

研修会、地区センター連合、施設見学会

保健活動推進委員

① 男の健康測定会 ② ロコモ予防講習会 ③ 世界禁煙デー。ビラ配り 日吉駅 ④ 体力測定会の研修会 ⑤ 元気づくりステーション日吉 ⑥ 港北ふれあい祭り ⑦ 日吉地区健康測定会 ⑧ 横浜市保健活動推進員全体会 年1回 ⑨ 港北区保健活動推進員全体会 年2回

明るい選挙推進委員

明るい選挙推進活動は先輩方の活動の長い道程があります。これらの運動が本格的に行われるようになったのは八十年以上にも遡ります。その間は名称は多々変わりますが現在の「明るい選挙推進運動」となり私たち推進員は選挙が公正に行われることと積極的な投票参加にむけ、啓発及び推進活動や年二回の推進大会に参加し意識を高めつつ、自治会の方々のご協力のもと期日前投票所及び投票所の設営、当日投票所の立ち会い、事務従事しています。 今後とも推進員の皆様と協力、一致団結、明るく元気にを心に有権者の方に気持ち良く足をお運び頂けるよう微力ながらお手伝いさせて頂きたいと思います。。

消費生活推進員

「私たち横浜市消費生活推進員は」 横浜市消費生活条例第16条に基づき、地域の皆さんの安全でより良い消費生活をサポートすることを目的として、活動しています。 横浜市消費生活推進員制度は「消費者トラブルに遭わない、安全な地域づくり」をめざして活動を行う、規模の面から言っても「全国でも例のない」横浜市独自の制度です。 消費再活推進員は、市や区役所が実施する研修等で様々な勉強をして、消費生活に関する正しい知識とトラブル時に対応できる能力を身に付けその知識を啓発講座の開催や情報紙の発行パネル展の開催などを通じ地域の皆さんに広げる活動や、地域の高齢者の見守り活動への参加などをしています。

環境事業推進委員3R夢(スリム)サポーター

年4回の代表者会議への出席。 年2回のエコ活動の石けん作り。 日吉地区センター10月文化祭、12月子どもまつりでエコ石けん販売とゴミ分別の啓発活動。 区の施設見学会、各地域でのイベント参加。